年の差カップルの夜の営みの頻度は?

最近では10以上も年の離れた年の差根をするカップルも増えてきており、うらやましい一方で様々な苦労も絶えないとされています。

 

その中でも年の差カップルの夜の営みについては非常に気になるものではないでしょうか。

 

例えば、妻の方が30代前半で女盛りである場合、年の差カップルで男性の年齢が40代後半である場合には付き合いたくても付き合えないこともあるなど事情も出てきます。

 

特に女性は年齢を重ねた分の男性の技術にも興味があり、若い男性に接する時のように自分がお膳立てしなくても楽しめるために、年上とのセックスの方が自分を解放できると言う人も少なくありません。

 

年の差カップルの夜の営みの頻度

では、実際には年の差カップルの夜の営みの頻度はどれくらいなのでしょうか。

 

芸能界でも多くの年の差カップルがいるとされていますが、やはり頻度としてはカップルそれぞれであり1日に3回もする人もいればあまりしないでただいちゃいちゃしているというカップルまで実に様々です。

 

ただ、年下や同い年のカップルとのセックスには大きな違いがあるとされているようです。

 

男性が若い場合には射精をすることや回数にこだわるのに対し、年上の男性は女性を気持ちよく満足させることをセックスの重点に置いている人が多く自分は射精をしないで奉仕をすることの方が多いようです。

 

そのため、自分のペニスの持続力や勢力に自信がない場合は、それまで培ってきたセックスの技術や知識を駆使して女性を満足させるようにすれば、男性側はそこまで体力がなくても若い女性について行けるとされています。

 

確かに、自分が射精するまでセックスを行ってしまうと疲労感が強くなることは否めません。

 

そのため、いくら女性が求めてきても回数に応じることは難しいですが、女性だけを満足させることに集中すればそれほど疲れることなく体力を温存できると言えるでしょう。

 

年の差カップルで女性側について行けずに困っている男性は、自分は射精をせずに女性だけを満足させるセックスにシフトをして工夫しながら夜の営みを過ごすようにすれば年齢差があったとしてもあまり問題ないと言えるでしょう。

 

⇒勃起力を強くするペニス増大サプリメント