ペニスと男性ホルモンの関係

テストステロンという男性ホルモンが男性のペニスや睾丸の増大、声変わりや体毛の成長や髭に欠くことができない重要な位置づけにされています。
このホルモンの関係が崩れると男性のペニスにも大きな影響を受けます。
男性の睾丸からは男性ホルモンだけでなく女性ホルモンも生成しています。
すなわち、女性ホルモンと男性ホルモンをバランスよく製造しているといえます。
このバランスが崩れると、体の至る部分で異常が見受けられるようになります。

 

 

一番影響があると考えられる部分が髪の毛です。
男性の悩みが深い部分である薄毛と深い関係があるのです。
ペニスが小さいことよりも頭髪の悩みの方が目に見える場所でありますので深刻な場合が多いです。

 

 

ホルモンバランスが崩れる前立腺肥大や男性ホルモンが多くなりすぎて生え際が後退することもよくあります。
これによってストレスがたまったりしてさらに薄くなるといった悪循環が起こります。

 

 

ペニスに関していえば、テストステロンの量だけが正常な勃起と正常な精液を作り出すことに関係しているわけではないのです。
成人男性のテストステロンの量は一定しており、それは体の中にホルモンの量を一定する機能が備わているからです。
睾丸で生産する量を調整できているというわけです。
また、1日の間でも男性ホルモンの量には変動があります。

 

すなわち、健康な体で最低限のホルモン量があれば性的刺激を受けるとペニスは大きくなり性行動を行うのか可能なのです。

 

巨根サプリ

巨根サプリ